ミニ新幹線でも魅力的な秋田新幹線

スイッチバック

秋田新幹線には、他の新幹線にはない特徴があります。それがスイッチバックでしょう。大曲駅から秋田駅間は、走行方向が逆になるスイッチバックをおこないます。かなり驚くこともあるはずですが、これが秋田新幹線の特徴なのです。

いろいろな理由がありましたが、ルートの問題もあったのが大きな要因です。どんなルートを作るにしても、コストがかかります。秋田新幹線でもコストは大きな問題となりました。特に奥羽本線の路線を利用しているため、新しい駅を作ることでもしなければ、スイッチバックしか方法がなかったのです。実際にもっと延伸していくといった方法も考えられましたが、今度は時間がかかるようになってしまうところがネックとなりました。

結果的に最も効率的だったのが、現在のようなスイッチバック方式だったといえるでしょう。ある意味で苦渋の決断だったはずですが、運転手の交代もおこなわれる観光のポイントともなったのです。ですが、シートの向きが逆になるなど、いろいろと問題もあったのは間違いありません。

スイッチバックは、本来山を上がっていくときなど、効率的に線路を使う方法として活用されています。平地でおこなわれているのはわずか10駅しかないのですから、秋田新幹線として楽しんでみるのもいいでしょう。


《管理人オススメサイト》
新幹線には実際に乗ってみないと分からない魅力がたくさんあります。金券ショップで回数券を安く購入し、新幹線をお得に利用する人も多いようです ⇒ 新幹線 回数券